良い統合報告書を作成する為の注意点とコツ

良い統合報告書を作成するための注意点とコツについて紹介します。良い統合報告を行うためには、まずはどのように、誰とコミュニケーションを行うのかを特定する必要があります。統合報告は、ステイクホルダーとのコミュニケーションを通じて、どのように価値を生み出したかを報告するための媒体です。そのため、統合報告は、ステイクホルダーとコミュニケーションを行うことで長期的な価値を創造することが目的なのです。だから、まずは、企業にとって重要なステイクホルダーが誰かを特定しなければなりません。ガイドラインでは、ステイクホルダーエンゲージメントなどの対話を重視していますが、具体的に誰とコミュニケーションを行うべきかについては明示されていません。それは、各企業が自分の置かれた状況に応じて重要なステイクホルダーが変わるからなのです。

ステイクホルダーエンゲージメントについて

より良い統合報告書を作成するためには、ステイクホルダーとのコミュニケーションが重要です。そのため、統合報告をより良いものにするために、ステイクホルダーコンサルテーション、あるいはエンゲージメントを重視しています。コンサルテーションというのは、相談という意味です。さらに、エンゲージメントというのは関与という意味です。これは、統合報告が、価値を生み出すプロセスの中にステイクホルダーを積極的に関与させることで、企業に長期的な価値を追求してもらうためです。統合報告を行うためには、企業にとって重要なステイクホルダーを特定し、積極的にコミュニケーションを行うことで、長期的な共通価値を創造することが求められているのです。そのための具体的な手段として、ステイクホルダーエンゲージメントやステイクホルダーコンサルテーションが求められています。

統合報告を行うための注意点について

統合報告を行う際の注意点は、ステイクホルダーとのコミュニケーションをいかに行うかという点につきます。誰を重要なステイクホルダーとして特定するかによって、そのプロセスで共有すべき価値が異なるためです。例えば、重要なステイクホルダーとして従業員を特定した場合には、ステイクホルダーエンゲージメントとして、従業員とのコミュニケーションが極めて重要な意味を持つことになります。彼らとのコミュニケーションを通じて、長期的な共通価値を作り出すことが重要な課題となります。しかし、だからと言って、他のステイクホルダーとのコミュニケーションをなおざりにしても良いということにはなりません。統合報告書を作成するためには、様々なステイクホルダーとのコミュニケーションを通じて、できるだけ全てのステイクホルダーと共有できるような価値を追求していかなければならないのです。